2018年11月24日

トレポンのシリンダーメンテを詳しく私なりに

今日はトレポンのシリンダーのメンテという、全く需要がない記事です。そもそも私のブログ自体が大した需要がないので気にしません。

長いしつまらないと思います!

かなり前にもシリンダーのメンテについては詳しく書きましたが、今回はもう少し詳しく書きます。



それではテイクダウンしてシリンダーを取り出して下さい。

はい。シリンダー!(ドラえもん風)


早速バラします。

スプリングガイド側の2つ穴に

プライヤーやゲロレンチなんかを刺して

反時計回りに回します

スプリングガイドが取れます

これでスプリングも取り出せます

慣れたらここまで10秒です。



ヘッド側にはモンキーレンチを。同じく反時計回りで外します。

使う工具はプライヤーとモンキー。精度も100均レベルで問題ないです。


というわけで、簡単に外れます。

【ここまで、回すだけです】


続きまして、

この竹串で指してるあたり

こんな感じで左右に広がります。外れるまで引っ張って下さい

簡単に外れます

チラッと白いOリング見えますか?

竹串や細くて硬い棒的なモノなんかで、ほじくります。僕のは太くて硬いので竹串を使う事が多いでしゅ。


・回す×2
・引っ張る
・ほじくる

これでもうバラしは終わったも同然!


ちなみに

この白いOリング。

これがトレポンで一番の消耗品になります。使用頻度によりますが定期的な交換をオススメします。ちなみに一個100円くらいです。




こっからは掃除です。


先程外したOリングがあった溝を

綿棒で掃除します

汚ねーと思う人もいるかもしれませんが、この程度の汚れなら全く問題ないです。


写真じゃ分かりづらいですが、ここの黒いOリングも外して内側をキレイにしましょう。

・このOリングがトレポンの初速
・初速の安定

にかなり重要な役割を果たします。外す時は慎重に。無理に引っ張らない様にして下さい。

・外す時は写真の右側方向に外して下さい。

・Oリングがダメなら交換して下さい。

・ただし、システマ純正品のOリング(大)は微妙です。今は知らんけど、ちょっと前までは初速落とす為にガバガバでしたね。





あとはもうティッシュとかで拭くだけ。神経質な方は丸洗いでも構いません。


シリンダーケースの内側も拭きます。神経質な方は丸洗いでも構いません。完全に乾くまで組めませんが。

汚ねーと思う人もいると思いますが、この程度は全然キレイです。


とりあえず、全部キレイにして下さい。ティッシュで拭くだけでも構いませんので。




なんかニッチすぎる内容ですが、大丈夫ですかね?

【4039Jetting】の4039先生以上にニッチすぎる記事なんじゃないかと不安に......


まぁ気を取り直して、グリスアップに。


僕はこれを使ってます。

左 システマ純正シリンダーグリス(と同じ成分のやつ)
中 システマ純正ギアグリス
右 GAWシリンダーグリス

※グリスに関しては各自の好みで。勿論、グリスの種類によりますが基本的には、

【グリスは薄く塗れば初速はあがります】

【グリスは厚く塗れば初速は下がります】

※法令遵守は絶対です!初速に関しては絶対に気をつけて下さい!!!



先程ほじくり出したOリング。新品に交換した場合にも、システマ純正グリルを薄く塗って下さい。

ここは特に塗りすぎ注意です。

※写真撮り忘れましたが、グリスを塗ったら元の位置に戻します。Oリングをペコっとしてスッといれます。



ここの黒いOリング周辺や

赤い部分全部にグリスを満遍なく塗ります

※ギアの部分はギアグリスでもいいし、同じグリスでも構いません。




シリンダーの内側
スプリング
スプリングガイド
全部満遍なくグリスを塗って下さい。

薄く塗ると初速上がります。厚く塗ると初速下がります。とは言え、もともと[どんなグリスをどんくらい塗ってたか]次第ではあります。



筆でグリスを塗るのが推奨ですが、めんどくさいので私は指で塗ります。



最近のお店は【指入れOK】が殆どなので、やはり指先の感覚は非常に大事だと思います。




この周りに軽ーく塗ります。内側、ノズルにつながる穴には絶対に塗らない様に。
塗った場合や穴が汚れている場合は、綿棒で掃除して下さい。



写真の黒い部分にも軽く。ここはまぁ金属を保護する意味合いでサラって塗る感じで。塗りすぎはNGです。薄く薄く。



あとは元に戻します


Oリングを戻した穴に

パコっとハメます。パコっとハメるんです!



シリンダーケースの溝があります


溝に沿って入れます



こっち側から入れます。気をつけてください。



最後にスプリングとスプリングガイドを戻して終わり。



うーむ。飽きた!!!


※初速上がりすぎて仮にスプリングカットした人がいた場合ですが、

必ずカット下側をスプリングガイド側(シリンダーケースのケツの方)にして下さい。加速リング入れてた場合、バコッとハマります!


とりあえず、僕はこういう記事を書くのが苦手だと再認識しました。

HOPの記事とか書きたいんですが、

レッドウルフエアソフトのクッション最強です!

HOPじゃなくてクッションのみです!

あれ一つでトレポンのカスタムは終了レベルで最強です。

以上!














Posted by ぽん太くん at 23:19│Comments(4)
この記事へのコメント
こんばんは☆
参考にさせて頂きます~(^^)
Posted by すぅすぅ at 2018年11月24日 23:47
いつも楽しく拝見させていただいております。
レッドウルフエアソフトのホップのクッションが良いとのこと、非常に興味があります。私自身、純正(ホップアジャスター側は接着し、クッションも純正)→ORGAさんフラットホップ→DFさんのでりホップと変えてきましたが、結局は純正接着に落ち着いています。
ブログ主様がよいと言われるレッドウルフエアソフトのクッションは、ダイヤル式ホップチャンバーのフルセットに同梱されている赤っぽいクッションではなく、別売りのシリコンの方でしょうか?もしよろしければDFさんのwebショップの中の型式で教えていただけると幸いです。(3個入りのこれですか?→RWA Hop Up Bucking for RWA PTW CNC Precision Adjustable Hop Up Set
商品コード: RWAINU-HU-1-0003)
また、クッション以外は純正を使われているのでしょうか?
よろしくお願い致します。
Posted by bz512102 at 2018年11月25日 13:27
3個入りのヤツですね。お椀っぽい方の奴です。同じ形で3つあるのですが、その2つを合体させてHOPラバーに。もう1つをクッションに使う奴です。

そのクッションのみを使います!

HOPは純正が一番だと思います!

純正クッション(チューブを2個並べるタイプ)より若干硬くで出来ています。HOPがかかりがいい塩梅でよくなる&安定します。
素材自体は柔らかすぎず、固すぎず、通年安定しますね。
Posted by ぽん太くんぽん太くん at 2018年11月26日 13:18
お世話になっております。
回答ありがとうございました。
3個入りのやつですね!
承知致しました。
過去のブログで拝見させて頂きました、純正クッション横向き装着よりも良い感じなんですね。
また入手して試してみます。
Posted by bz512102 at 2018年11月26日 23:01
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。